注文住宅で大事になる土地探し

早めに土地探しを開始する

憧れの注文住宅。今まで思い描いてきた空間を、自由に思うように建てられるのが注文住宅の魅力ですが、実際に暮らすにあたり「どこに建てるか?」も大事な問題です。都心か郊外か、のような大きな選択だけではあ…

Learn detail »

周りの環境を重視する

注文住宅を建設する時には、土地を所有していない場合だと先に土地を探します。この時に、大事になるのが周りの環境を意識して土地探しをする事です。そこで、どのような部分に注目しなければいけないのかという…

Learn detail »

注文住宅を購入することで得られるメリットとは?

注文住宅ではキッチンや浴室はもちろん、ドアノブや壁紙、床材までも自分の思い通りに指定できます。間取りも家族構成などに応じて臨機応変に対応できます。

山や大きな河川から離れた土地を探す

自然災害から身を守る土地選び

近年、日本では全国各地で大雨による洪水や土砂崩れなど、自然災害が多く発生し、甚大な被害が出ています。2014年の広島土砂災害や2015年の鬼怒川の堤防決壊などは記憶に新しいところかと思います。これから新しく土地を購入し家を建てるという方は、その土地がどのような災害の被害を受ける可能性があるかを十分に調べ理解しておく必要があるでしょう。 災害のリスクを少しでも減らすために、山や大きな河川から離れた土地を探すというのはシンプルで有効な考え方です。東京23区内で考えると、世田谷区や杉並区といった西部の地域が例として挙げられます。このエリアは台地が多く、荒川や多摩川といった大河川からも距離があることから比較的安全な土地であるといえます。

油断は禁物!ハザードマップを見よう

山や大きな河川から離れていたとしても、災害リスクがゼロになるわけではありません。小さい河川があふれたり、内水氾濫(市街地に降った雨を川に流しきれず、市街地が浸水すること)の被害を受ける可能性があります。これらの影響を考えるときに活躍するのがハザードマップです。ハザードマップとは、自然災害による被害を予測して被害範囲や避難場所などが表されている地図で、主に各市町村が作成しています。現在はインターネットで公開されているところが多いので、気軽に確認することができます。 「人生最大の買い物」とも言われるマイホームの購入。家を建てる土地は駅までの距離や買い物のしやすさなど、日々の生活に直接関わるところを重視しがちですが、そこで長く幸せに暮らすためにも、災害リスクについて十分に検討しましょう。

注文住宅は業者選びが大事

大きなミスをしたことがない建設業者に依頼する

注文住宅は自分で建てるわけではありませんから、必ず業者を選びことになります。業者を選ぶ際に必ずチェックしておいてほしいのがその業者を実際に利用した人の口コミです。業者のホームページに行けば、その業…

Learn detail »

経験が豊富な建築士に依頼する

注文住宅を建てる際には建築を依頼する会社を選ばなければいけないのですが、住宅を建築する会社には大きく分けると全国展開しているハウスメーカーと、地域に密着した営業をしている工務店との2つに分けられま…

Learn detail »

業者選びは口コミを参考にする

注文住宅を建設する業者を選ぶ場合は、どこにしたらいいか結構迷います。同じような注文を出しても、業者によって、外観、性能、デザイン、価格、質などに大きな違いが見られるからです。したがって、どこを選ぶ…

Learn detail »